プラセンタ研究室 -安全性と効果を解説!

プラセンタの魅力を解説します!

menu
画像

プラセンタで妊娠線予防

妊娠した人の約90%の人に出来てしまうと言われる妊娠線、妊娠線はできてしまうと分かっていてもなかなか防ぐことができません。

妊娠線はマタニティラインとも呼ばれ、お腹の中の赤ちゃんが急激な成長をし、その成長に母体の下腹部の皮膚成長が追いつかないことで、皮膚が内部で裂けてしまうことによってあらわれる症状です。

妊婦の下腹部は赤ちゃんの成長と共に徐々に伸びていくものの、弾力性があまりないため、皮下組織では伸びるにも限界があるのです。

そこで限界に達するまで下腹部の皮膚が伸びきってしまうと、赤ちゃんの成長に皮膚の成長が追いつくことができなくなります。

皮膚が裂けてしまっても、表皮は他の部分と繋がっているので、皮下組織にある毛細血管が目立つだけの症状になります。

これが妊娠線の正体です。

毛細血管へ紫外線などの刺激が加わると、メラニン色素が沈着するため、妊娠線が濃く見える状態になってしまいます。

このようにして出来てしまう妊娠線を予防する方法はただひとつ、急激に体重が増えないように徹底した管理をすることです。

しかし、出産が近づいてきた赤ちゃんは、どんどん成長して大きくなり、なかなか思うようにコントロールできるものではありません。

色が濃くなった妊娠線にプラセンタ

妊娠線が目立たなくなってきます。

さらに、プラセンタの持つ美白効果も役立ってきます。

紫外線の刺激を受けてメラニン色素が沈着し、色が濃くなった妊娠線にプラセンタの美白成分が働きかけることにより、色素沈着を抑えることができるため、妊娠線を目立たなく改善する効果が期待できます。

そこでプラセンタの登場です。

プラセンタは多岐に渡る健康・美容効果があることで注目されていますが、妊娠線を治す目的で使うことで、妊娠線の予防・改善の他でも嬉しい効果が期待できます。

妊娠線を目立たなくするのに必要なのは、プラセンタが持つ細胞分裂を活性化させる能力です。

プラセンタが持っている成長因子が、皮下で裂けてしまった場所の細胞に働きかけることにより、細胞の修復が促され、妊娠線が目立たなくなってきます。

さらに、プラセンタの持つ美白効果も役立ってきます。

紫外線の刺激を受けてメラニン色素が沈着し、色が濃くなった妊娠線にプラセンタの美白成分が働きかけることにより、色素沈着を抑えることができるため、妊娠線を目立たなく改善する効果が期待できます。

CONTENTS

Recommend

other