プラセンタ研究室 -安全性と効果を解説!

プラセンタの魅力を解説します!

menu
画像

プラセンタの種類

ひとことでプラセンタと言っても、その種類はさまざまです。

人、豚、牛などの哺乳類のほかに植物性のプラセンタもあります。

一般的に医療用は人のプラセンタ、美容用では豚のプラセンタが使われることが多いです。

以下に現在主に使われているプラセンタを種類別に紹介してみましょう。

「人(ヒト)プラセンタ」

「人(ヒト)プラセンタ」は人間の胎盤から取り出されたプラセンタエキスです。

人間のプラセンタは他のプラセンタとは異なり、プラセンタ療法としてあらかじめ認められた製薬会社のみが製造を許可されている医薬品になります。

そして、人間のプラセンタは医療機関でしか使ったり処方したりすることができません。

プラセンタを人工的に作る技術が発達していなかった頃は、プラセンタが大変貴重なものでとても高価なものになっていました。

現在人間のプラセンタは主に医療用として利用されており、日本国内の病院などでHBV(B型肝炎)、HCV(C型肝炎)、HIVなどの病気にかかっていないかどうかをしっかり確認し、問題なく出産したあとの胎盤だけを健康な産婦から同意を得て採取されています。

「豚のプラセンタ」

「豚のプラセンタ」は現在主流になっているものです。

現在いろいろなところで販売されているプラセンタを見てみると、プラセンタと記入されている成分表示のタイプを確認することができます。

プラセンタ(P)と記載されているPとは豚を意味する英語のPigのことです。

豚はもともと人間の臓器移植の手術などでも使われており、人間の体との相性が良い成分だと言われています。

人間には人間のプラセンタが一番相性が良さそうに思われますが、加工されたプラセンタ製品を比較してみると、人間のプラセンタよりも豚のプラセンタのほうが有効成分が多く入っているのです。

また、動物性のプラセンタはどんな哺乳類を原料にしたとしても得られる効果はあまり大きく変わらないと言われています。

美容目的として利用されているプラセンタは、かつては牛のプラセンタが多かったのですが、近年は狂牛病の問題によって状況が代わり、厚生労働省からの通達によって牛のプラセンタが使用できなくなりました。

その結果、豚のプラセンタが牛に代わって主流となっています。

「馬のプラセンタ」

「馬のプラセンタ」は豚のプラセンタほど使用はされていませんが、豚のプラセンタに比べてアミノ酸の量が数倍も豊富に含まれているという特長があります。

豚は一度に10頭くらい出産するのに対し、馬は一度にほぼ1頭しか生むことがありません。

このため、豚の胎盤は薄い膜のようなものになってしまうのですが、馬の胎盤は人間の胎盤のように臓器になっています。

馬のプラセンタと豚のプラセンタを比較してみると、成分の栄養度もかなり差があります。

馬のプラセンタは豚のプラセンタよりも約250倍以上ものアミノ酸を含んでいると言われています。

さらに馬は、牛や豚に比べると体温が5度から6度も高いため、寄生虫などのおそれがないと言われている動物なのです。

狂牛病や口蹄疫といった病気は牛、豚、羊などの偶蹄類と呼ばれる家畜におきる病気ですが、奇蹄類に属する馬は狂牛病や口蹄疫といった病気にかかることはありません。

また、馬は牛のように反芻する習慣がないので内蔵は清潔で敏感です。

他の家畜に多用されるような薬物を使うこともないので、馬のプラセンタはとても安全だと言われています。

「羊のプラセンタ」

「羊のプラセンタ」は羊の胎盤からとりだされたものです。

動物性のプラセンタを材料にしている場合は安全性が気になりますが、羊の場合は自然が多く残された中で育った、スイスやニュージーランドの羊のものを使用することが多くなっています。

ただし、羊はスクレイピーという牛にとっての狂牛病のような病気にかかってしまう恐れもあるため、日本で使用されるプラセンタを手がけている会社は、羊よりも豚を使用することが多くなっています。

このため、日本国内で流通しているプラセンタ製品は、豚由来のものが圧倒的に多いのです。

しかし、海外では羊のプラセンタを利用した製品はたくさんあります。

「植物性プラセンタ」

「植物性プラセンタ」は大豆やトウモロコシから抽出した胚(プラセンタ)のことです。

動物性と同じくアミノ酸やビタミン、ミネラル類が含まれていますが、動物性プラセンタのような成長因子は含まれていません。

このため、美肌効果は期待できても細胞活性効果までは期待できないようです。

このように、プラセンタにはさまざまな種類があり、その特長や安全面などによってさまざまなところで使われています。

CONTENTS

Recommend

other